FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルポ:ヒスパニック移民と彼らとの出会いについて

  二年前、ロサンゼルスのダウンタウンを歩いている時に女性から声を掛けられた。彼女は僕に硬貨を持っているか尋ねて、「彼氏が電話を掛けたがってるの」と言った。近くの公衆電話で、男が受話器を握りながらこっちを見ていた。彼はアメフト選手のように大柄で、女の方も同じぐらい太っていた。二人はスペイン訛りの英語をしゃべった。仲良くなって彼らの家へ昼食を食べに行く途中、男はオスカーと名乗り、女の名前をグレンダと紹介した。オスカーはメキシコ移民で、グレンダはグアテマラ移民だった。
 

  二人は郊外の小さな四階建てアパートに住んでいた。同じようなアパートが辺りに密集し、駐車場の植木はどれも枯れていた。壁はスプレーで落書きされ、廊下には紙くずが散らばっていた。ドアを開けて日の当らない部屋に入ると、窓からすぐそばに高速道路が見えた。部屋はグレンダの家族が借りていて、両親や兄弟を合わせた七人が暮らしていた。
 

  オスカーは自分がタトゥーアーティストだと言い、体や頭のタトゥーを見せてくれた。彼はその日昼食を食べながらグレンダと喧嘩をして、それからまた仲直りしていた。狭く汚れたテーブルの上で彼女の兄弟は仕事の愚痴を言い、母親はひと言もしゃべらなかった。男たちはベランダの枯れた植木でトイレを済ませていた。末の弟は中学生で、僕に学校のことを色々話してくれた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER586252FFA

Author:FC2USER586252FFA
都内某W稲D大学三年生 
(ジャーナリズム専攻)

好きなもの:ヘミングウェイ
嫌いなもの:なし

略歴:T県の田舎町に生まれる。親は離婚。大学進学で上京。アメリカの新聞社で就労経験。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。