FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルポ:ニュージーランドの果樹園労働について(7)

  この調子で六週間、仕事は続いた。辞める時は前日か当日に告げれば良かったから人の出入りは激しかった。だけど辞めるからと言って、いつもの叱咤がされることはなかった。来る者は拒まず、去る者は追わず、というのが、この職場のスタイルだった。


 だからあらゆる人間がいた。アイルランド人、南アフリカ人、ドイツ人、日本人、イギリス人、中国人、マオリ。何故だか常に引き笑いをやめられない男や歯が黒く腐った男、チェーンソーでひざを切り裂いた男、麻薬常習者の男。彼らはFワードやCワードを大声で言い交わしながら、旅行や週末、日々の食事のために働いた。


 ケリケリはマオリ語で「掘って掘って掘り続ける」と言う意味だ。僕らは六週間、刈って刈って刈り続けた。マオリ族に言わせると、こういう時の合言葉は「Cut your neck off」だ。それはつまり、「首から上は切り取ってしまえ」ということだった。この言葉は「Otherwise, put your head into boiling water(じゃなきゃ、熱湯に頭を突っ込め)」と続いた。結局後にも先にも、労働が待っていた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER586252FFA

Author:FC2USER586252FFA
都内某W稲D大学三年生 
(ジャーナリズム専攻)

好きなもの:ヘミングウェイ
嫌いなもの:なし

略歴:T県の田舎町に生まれる。親は離婚。大学進学で上京。アメリカの新聞社で就労経験。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。