FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドキュメント:ある少年の物語(あとがき)

  僕は今年の九月、ワシントンの新聞社にいた。そこで起きた事件が、海軍施設の銃乱射事件だった。被害者を含め、十三人が死亡した。当初は犯人は三人いるとも言われ、ワシントン市内は隠れた犯人に恐怖を感じていた。その後単独犯だと判明すると、街は安堵に包まれた。現場には二百名近くの報道陣がいて、目の前で頭を撃ち抜かれる人を見た者や、犯人が銃撃する瞬間を目撃した者、カフェテリアのテーブルにしゃがみ込んで九死に一生を得た者もいた。事件は犯人の背景や生涯を突き止めたところで終息に向かった。

  オバマ米大統領は、今回の犯行を「卑劣な行為である」と語り、再発防止を約束した。 米国内での銃乱射事件は、今年六月にカリフォルニア州サンタモニカで五人が殺害されたほか、昨年、コロラド州の映画館で十二人が殺害される事件も起きている。コネティカット州の小学校でも昨年十二月に同様の事件が発生し、児童を含む二十六人が亡くなった。

  このような背景を受けて、昨今、銃の全面規制を求める声が高まってきてはいるが、その一方で身を守るために拳銃を購入する人も多い。六年前、南部バージニア州で三十二人が殺害される事件が起きた時には、テキサス州のある公立学校で教師に拳銃の携帯が認められた。今年四月に米議会上院で銃規制法案が審議された時にも、結果は否決に終わっている。
 
  記者の方は、このような事件が起きるたびに、アメリカ銃規制の記事とその反対派のライフル協会の記事を書いている、と語っていた。しかし、そのなかでひと際異彩を放つのがコロンバイン高校の銃乱射事件だった。この事件は、銃規制以上の何かがあった。これはいまだに人々を引きつけて止まないものだった。
 
  取材現場から戻り、色々な情報を調べてみても、全ては「容疑者は鬱状態に」「ゲームのやりすぎで現実との区別がつかない」「精神異常のサイコパス」として片付けられていた。人は理解できないことに直面すると、レッテルを貼って何とか保管し、その場から逃げようとする。だけど、それは何の意味もない。
 
  コロンバインドキュメント、というのがあった。これは警察の調査書を元に、容疑者二人の日記や詩、絵や書き物が公開されたものである。どれも英語で書かれてはいるが、難しいことは書いていない。僕は何時間もかけて、全てに目を通した。気付くとアメリカでは別の乱射事件が起きていた。
 
  日記を見て一番思ったことは、何の変哲もない、十代の日記だということだった。恋愛の話。愛の話。学校の話。悩みの話。音楽の話。将来の話。家族の話。
 
  人から見下され、それに対して何か声を上げたい、何か、この人生を変えたい、と思っている、感受性の強い子供の日記だった。僕はそれを自分と重ね合わせずにいられなかった。もしあの時、自分の周りに銃があったら、と思うと、サイコパスなんていうレッテルは貼れなかった。
 
  この事件を元にした映画がある。『エレファント』だ。出来は悪くない。カメラワークが美しい。だけど、内容はやはり偏見の域を出ない。それに、何よりDylanとEricが同性愛的側面を持ち、Dylanの方がEricに優先権を持っているように描かれている。しかし、日記では、Ericの名前はあまり出てこない。他の友達、リョウタの人物の方が、より感情を込めて語られている。
 
  これは確かに不思議なことだった。だけどよく思い出せば、クラスで避けられている子が、同じように避けられている子と一緒に、教室の隅で弁当を食べている様子があった。彼らは本当の友情には見えなかった。一人になるのが嫌で、仕方なく、という印象が強かった。Dylanも、そうやってズルズルと事件の加害者になっていった気がする。

  Dylanの日記には、よく高速道路が見えなくなっていく絵が描かれていた。その先に、彼は何を見つけたのだろう、と僕はいまでも思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER586252FFA

Author:FC2USER586252FFA
都内某W稲D大学三年生 
(ジャーナリズム専攻)

好きなもの:ヘミングウェイ
嫌いなもの:なし

略歴:T県の田舎町に生まれる。親は離婚。大学進学で上京。アメリカの新聞社で就労経験。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。