FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルポ:ヒスパニック移民と彼らとの出会いについて(4)

  戻ってきた時、オスカーは粉々になったサングラスを握り、カメラを手にしていなかった。目には赤くあざができていて、グレンダにスペイン語で何かしゃべった。聞くと、アパートに住んでいるギャングの集団が、彼に拳銃を向け襲いかかったという。彼らは過去に二回、発砲事件を起こしていて、刑務所出のオスカーをマークしていたらしい。グレンダは急いで部屋に戻り、残った僕らは裏口の階段下に隠れた。三歩進めば外に出られたけど、オスカーは「カメラを取り返したい」と言って僕のことを引き止めた。彼は「おれは前科持ちだ。いままでずっと人から信頼されたことがない。だけどこのまま別れたくはない」と言った。僕らは二時間後に、初めて会った道端で落ち合う約束をした。駐車場から走って出ていくと、窓からたくさんの目がこっちを見ていた。 
  

  結局オスカーは現れなかった。ホステルに帰って話すと、フランス人の女性から「彼はカメラを盗むために演技をしたのよ」と言われ、周りの人もみんなそう言った。アメリカ人や日本人の友達からも同じことを言われた。ある人は「そいつの話は最初から嘘だったんだ」と言った。それでも別れ際のオスカーの表情は真剣だった。目は涙でいっぱいだった。僕には本当のことはわからなかった。


終わり
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER586252FFA

Author:FC2USER586252FFA
都内某W稲D大学三年生 
(ジャーナリズム専攻)

好きなもの:ヘミングウェイ
嫌いなもの:なし

略歴:T県の田舎町に生まれる。親は離婚。大学進学で上京。アメリカの新聞社で就労経験。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。